文章を書く動機は2つあります。1つは自分が書きたいことを書く、もう1つは他人の必要に応えて書くです。

基本的に、自分の言いたい意見や考えを書く人は、そこから収入を得ようとは考えていません。自分の主張をブログ記事に書いて公表し、読んでくれる人があれば満足です。

もし、この自分が言いたいことを書いた文章からお金を得ようとすると、その記事を自分で販売するか、出版広告してくれる出版社を見つける必要があります。しかし、この実現は容易ではなく、このサイトで扱う対象ではありません。個人の主義主張はお金儲けとは最も縁遠いものです。

執筆収入を得るためには、他人の必要に応えて文章を書くほうが圧倒的に簡単です。この場合、書くべきテーマと代金の支払い主は決まっているケースがほとんどです。

他人の必要にはいろいろありますが、多くは商品を販売したい会社の広告をサポートする文章が求められています。しかし、その文章は商品を売り込むセールス記事ではありません。セールスは販売会社の広告自体が行います。

Webライターに求められる記事とは、商品の内容や価格を客観的に評価したレビュー記事、あるいは購入者の視点から実際の購入方法、使用体験、感想を書いたレポート記事です。

初心者のライター向けには、文章中に商品名を4回使って好きな文章を書くキーワード記事があります。この記事はインターネット上で消費者をスポンサー広告へ導くものとして使われます。

いずれにせよ消費者が商品購入に際して必要とする正しい知識と情報を提供できるかがポイントです。大衆が本当に求める情報記事を書くことが収入を得るための最善の方法なのです。